ECMSおよび労働監督チェックリストワークショップ2022のトレーニング

 

2022年7月12日から15日にかけて、ホーチミン市において「ECMSと労働検査チェックリストに関するトレーニング」ワークショップが開催されました。ECMS(Electronic Case Management System)は、DIGI-TEXがベトナムの労働・障害・社会省(MOLISA)検査局向けに開発・導入した、労働検査案件を管理するためのソフトウェア・ソリューションです。

 

このプロジェクトは、ILO – 国際労働機関の後援のもとに、中央および地方レベルの労働検査官(MOLISA)が検査官活動から得た情報を記録するためのコンピュータ化されたアプリケーションを開発するものです。ECMSにより、労働検査官はコンプライアンスの監視、戦略的計画のサポート、労働検査システムのパフォーマンスの評価を行うことができます。

ECMSについて 

長年にわたり、労働検査プロセスは主に手作業による紙ベースのシステムで処理され、記録されてきました。その結果、情報が適切に整理されておらず、検査官や事務所によって検査事例が統一的に分類されていないのが現状です。

また、中央のシステムから推奨されるガイドラインに沿った情報であるとは限りません。この問題を解決するためには、現在進行中の労働法改革の実施と、変化する労働の世界におけるコンプライアンスの向上に貢献するものとして、労働検査官用のコンピュータ化されたケース管理システムを開発し、検査業務プロセスをデジタル化することが必要であります。

ECMSの導入により、労働監督局の業務は紙ベースからコンピュータベースに変わり、より良いデータ収集と検査活動の計画・監視が可能になります。

このコンピュータ化されたアプリケーションは、コンプライアンスの監視、戦略的計画の支援、データ分析と洞察の提供、さらにパフォーマンスの向上とデータ駆動型の意思決定を促進する管理ツールとしての役割も果たします。

 

私たちのソリューションは、労働法改正の進捗を加速させ、検査官のコンプライアンスを向上させることを目標としています。

 

このコンピューター化されたアプリケーションは、コンプライアンスを監視し、戦略的計画を支援し、データ分析と洞察を提供し、パフォーマンスを向上させ、データ主導の意思決定を促進するための管理ツールとしても機能します。

 

当社のソリューションは、労働法改革の進展を加速し、検査官のコンプライアンスを改善することを目標としています。

ECMSの目的:

最新的な検査システムにより、紙ベースの作業や手順を排除

政府機関のキャンペーンと意思決定を形成するためにサポートされているシステムによって得られるデータと分析

従業員の効率とパフォーマンスが向上し、作業負荷が軽減

法令遵守の綿密な監視と管理

プロセスの標準化

カスタマイズされたデジタル ソリューションについては、お問い合わせください

無料お問い合わせ

無料
お問い合わせ

お問い合わせは無料です、お気軽にご相談ください。

Scroll to top